トーキングヘッズ叢書TH No.78「ディレッタントの平成史〜令和を生きる前に振り返りたい私の「平成」」

トーキングヘッズ叢書TH No.78「ディレッタントの平成史〜令和を生きる前に振り返りたい私の「平成」」

Toe Cocotte販売価格: 1,500円(税込)

在庫数 ◯

商品詳細


毎号テーマ毎にアンダーグラウンド、サブカルチャーを幅広く詳細に詰め込んだ面白い一冊。




今、紙で集めたい本


THシリーズ

サブカルチャー&
アンダーグラウンドアートを
敷き詰めて一冊に。

ぎっしり詰め込まれた
情報と美麗なアートに考察の
コレクションを是非。

“持っていたい一冊”達をどうぞ。
バックナンバーはこちら
http://victorian.ocnk.net/product-list/53
ゆっくりとした夜に。
眺めているだけでも面白い偏屈なものや美麗なアートがぎっしり詰まっています。


TH No.78 "History of Heisei by the dilettantes"



A5判・並製・256頁・税別1389円
ISBN 978-4-88375-350-5
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)


この30年、
私たちに何が起こり、
私たちは何を思い、
何をしてきたのか――。

私たちが感じ取ってきた
「平成」を振り返る。

=================
■主な内容
=================

■TH的・平成年表●沙月樹京
 《コラム》 梟木、日原雄一、並木誠

■四方山幻影話39●堀江ケニー
■こやまけんいち絵本館36●こやまけんいち
■狂想巡らせる●タイナカジュンペイ

■【建設という破壊】
 極私的平成の三十年間〜街並みから人間の匂いが消えて行った●友成純一
■【ゾンビはアイドルへ】
 平成ゾンビ考〜「終わりなき日常」から「サバイバル」へ●梟木
■【BL・百合・腐女子】
 平成(H)は変態(H)の世紀?●日原雄一

■舞踏の平成〜舞踏誕生から60年、その後半の流れを追う●志賀信夫
■【ジャパノイズの潮流】
 冷徹な〈物質の未来〉を目指す、未来神秘派としての〈ノイズ〉●石川雷太
■【規制を受けないリアルな表現】
 「今日の反核反戦展」と、丸木美術館が伝え続けるもの●石川雷太

■【崩れていった「手塚的なるもの」】
 時計仕掛けの手塚治虫〜アニメ『どろろ』に見る内実の変容●宮野由梨香
■【悪趣味への狂騒の果て】
 人の死が見たくて見たくてしょうがない〜死体ビデオと90年代悪趣味ブーム●阿澄森羅
■【平成と並走した作家】
 酒見賢一頌〜虚実皮膜のエロティシズム●渡邊利道
■【90年代的切実さ】
 ただ純粋に平成を潜り抜けていった魔術的作家の素描●_underline

■【元号と時代区分は違う】
 終わり行くかもしれない時代について●本橋牛乳
■【若者を縛る「世間」】
 若者の反抗心はどこに消えたのか?〜SNSという「ネオ世間」の出現●待兼音二郎
■【デジタルの危うさ】
 忘却のデジタル〜IT盛衰と平成の三〇年●高槻真樹
■【グローバリズムの嵐】
 時代に乗り遅れた戦乱なき敗戦と戦後●べんいせい

■《コミック》 DARK ALICE 29. ゴルベット●eat
■心ラード●ごとうゆりか
■《小説》 ロスト・エイジ●最合のぼる
■一コマ漫画●岸田尚

■Review
◎諫山創「進撃の巨人」●梟木
◎矢沢あい「NANA」●三浦沙良
◎アニメ「ココロコネクト」●日原雄一
◎「ノストラダムス予言集」●市川純
◎生田武志「いのちへの礼儀」●岡和田晃
◎湯浅誠「反貧困」●待兼音二郎
 ほか

■三浦悦子の世界〈13〉[エミリー・ダイアー]
■辛しみと優しみ36●人形・文=与偶
■立体画家 はが いちようの世界24〜DANONE/1944年夏●はが いちよう

■TH RECOMMENDATION
◎第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展〜光と音を発する車椅子積み上げオブジェに平成を葬る祭壇●ケロッピー前田
◎高取英の死を悼む〜八〇年代の月蝕歌劇団〜歌劇/SF的発想/少女達の切実な叫び●村上裕徳
◎SFと現実はどう接続されるか〜ワークショップ「SFから現代社会を考える」レポート●長澤唯史
◎「塩田千春展:魂がふるえる」〜生や存在の意味を問いかける、塩田千春の大規模な個展
◎「やなぎみわ展 神話機械」〜やなぎみわが生み出す、虚実を越境した神話的世界
◎美島菊名「“MIRACLE” この世界は美しい」〜たとえ捨てられても、美しく復活する。
◎村田兼一写真展〜愛らしく解き放たれる、ルナティックな魔力
◎トレヴァー・ブラウン個展「La Nursery Noire」〜〝可愛い〟が含んでいる毒をあぶり出す
◎椎木かなえ個展「虚を彷徨う」〜図像を探りながら絵を描くことは、生きることに似ている
◎たま個展「Calling―少女主義的水彩画集VI出版記念」〜恐怖を描くことで、手なづける
◎スズキエイミ個展「Eimi’s anARTomy 102」〜解剖し、隠されたものを暴くコラージュ
◎小谷元彦個展「Tulpa –Here is me」/合田佐和子個展〜死の淵の体験を元に、あらためて身体感覚を問い直す
◎RENbear個展「幻想廃園」〜朽ちた廃園に潜む、儚げな人形
◎垂狐個展「SUICO DOLL」〜情念みなぎる人形たち
◎立花奈央子展/「The villains展」/KCN展/福山フキオ展/空野菜摘子展
◎大槻香奈写真展「人形の住む家」〜祖母と人形だけが住む家の気配を写真として残す
◎「未完性のエンドロール」〜未完成ゆえの不安定な危うさと力強さ
◎季村江里香展「6月の見た夢」〜自分の中から出てくるイメージを形に
◎むしかわむし個展/巡個展/いはらほつみ個展
◎「猫都のアイドル展 at 百段階段」〜ユニークな猫のアイドルたち!
◎「サーカス博覧会」〜独自に花開いた日本のサーカス文化を紹介
◎狭小スナック「月と手袋」〜狭くて怪しい昭和のスナック
◎阪本知プロデュース公演#2「密会―Rebuild―」〜主人公と、「電波」で繋がった他人と、その外側
◎陰翳逍遥34〜吳逸萱個展、表層の冒険展、大坪美穂展、パレスチナ・ガザの画家を支援する交流展●志賀信夫

■TH FLEA MARKET
◎加納星也、友成純一、小林美恵子、志賀信夫、ケロッピー前田、高浩美、村上裕徳、立原透耶、岡和田晃、上田假奈代、いわためぐみ、三五千波 ほか

◎表紙=写真:堀江ケニー、モデル:美少女、加工:沙月樹京

―――――――――――――――――――
【訂正とお詫び】

●p.220の「TH特選品レビュー」の執筆者一覧から八本正幸氏のお名前が落ちていました。
 (八)八本正幸
 となります。

●またその「TH特選品レビュー」p.240の記事で、「マキエマキ」さんのお名前が「マキマキエ」と誤って記載になっておりました。作家名・写真集タイトルのいずれも「マキエマキ」が正しいものとなります。

以上恐れ入りますが、お詫びして訂正いたします。
=================



こちらの商品はポスト投函による発送可能商品です。


レビュー

0件のレビュー
友だち追加数 LINEで質問する


送料全国一律200円でお届け可能商品一覧へ


中世ヨーロッパの息吹き薫る美しい羽根帽子