uroko-額入り絵 「永遠の花、幸せな部屋」 銀筆画 [中村 鱗]

uroko-額入り絵 「永遠の花、幸せな部屋」 銀筆画 [中村 鱗]

Toe Cocotte販売価格: 36,000円(税込)

在庫数 △

商品詳細







「永遠の花、幸せな部屋」中村 鱗




壁掛けタイプのフレームです。
ベロア生地のマットに硝子で綺麗なフレームに収まった優しく繊細な絵柄の一枚。
ずっと続いて欲しい穏やかな一部屋の様な一枚は
眺める日には憂いへの慰めを感じる事もあるでしょう、優しい絵です。


日常に零れ注ぐ少女の夢の様に優しく、そっと寄り添える鱗の作品を是非日々の傍らに。



【銀筆画】

銀尖筆(シルバーポイント)
特にルネッサンス時代に使用された筆記用具です。
素描や下描きに使用されてきました。
紙や羊皮紙、板などに骨粉と膠による下地を作り、描画していきます。(現代では下地にジェッソなども用いられます)
下地をほどこすことで硬質のシルバーでも描くことができます。
はじめは大変淡いグレーの色調ですが、時間が経つにつれ、酸化して硫化水銀となり褐色へと変化していきます。
また、角度によって絵の見え方(輝き)が異なるのも、銀筆画特有の魅力のひとつです。
余談ですが、シルバーには「月の魔力」という意味があり、それもロマンにあふれていると感じます。
参考文献:トンプソン教授のテンペラ画の実技
ダニエル・バーニー・トンプソン著/佐藤一郎監訳





ボードに銀尖筆、水彩色鉛筆、アクリル
ベロア生地マット
サイズ:25.4×20.3cm(額サイズ)


2020年






こちらの商品はポスト投函発送可能商品です。



中村鱗作品一覧へ



レビュー

0件のレビュー
友だち追加数 LINEで質問する


送料全国一律200円でお届け可能商品一覧へ


中世ヨーロッパの息吹き薫る美しい羽根帽子